広告映像にまつわる著作権

広告映像を作成しよう!

広告映像にまつわる著作権

広告映像にまつわる著作権 広告映像に関する権利はどんな風に発生するのか知っていますか。特定の人物や企業によってオリジナルで作られたものはすべて著作物とされます。アイデアは著作物とはみなされません。表現として目に見える形でアウトプットされたものだけが著作物と認められ、コンセプトなどは対象にならないのです。
広告映像では、企業の発意によって制作されたもの・企業の職務に従事する人が職務として制作したもの・企業名義で発表されたものは、法人が著作者となり、法人格でなく団体であっても「法人著作」「職務著作」と呼ばれます。
著作権は実は買い取りが可能な権利でもあり、それは「権利の譲渡」を意味します。かかる費用はそれぞれ異なりますが、口頭だけの約束ではなく、後々トラブルが発生するのを防ぐためにも、契約書面で権利は誰に帰属するのか、誰がどこまで利用できるのかについて明確にしておくことが重要です。
先行する作品に類似している・先行作品を参考にしていると2点が同時に認められた場合は「著作権侵害」にあたるので、この点も十分に注意しましょう。

耐用年数省令に掲げられている項目

耐用年数省令に掲げられている項目 一般的な設備や機器には耐用年数が設定されていますが、広告映像に関してはどのように扱えばよいのかという疑問をお持ちの方も多くいらっしゃいます。企業の紹介や販売促進のために作成したDVD映像であれば、器具備品の「映画フィルム・磁気テープ・レコード」に準じたものに該当し、繰り返して使用していくこととなりますので、いわゆる広告宣伝費として計上を行うのではなく固定資産と考えることが求められます。器具や備品と同様の考え方で耐用年数2年で償却するべきであると言えるでしょう。
広告映像には、企業や製品の広告を継続して行うための資産という価値があるものという判断となります。その一方で、広告映像がいわゆるインターネット上で公開する動画であり、DVD等を介さないデジタルデータとなっているケースであれば器具や備品とはならずに広告宣伝費での計上とします。
また広告映像や動画の作成に関わる費用に関しても、広告宣伝費として処理することが認められると考えてよいでしょう。宣伝効果の及ぶ期間によっても処理が異なってくるケースがありますので、詳細については専門性の高い税理士に相談するなどして適切に処理を行うようにしてください。

新着情報

◎2023/5/15

情報を更新しました。
>広告映像やデジタル媒体がこれから流行る理由
>宣伝効果の高い広告映像成功するためのポイントとメリット
>広告映像に関するコンテンツの市場について
>広告映像の連動性を高める方法とポイントをご紹介
>広告映像の新たな手法についてのお役立ち情報

◎2022/7/25

情報を追加しました。


>広告映像は様々な効果やメリットをもたらします
>広告映像を製作するには高額にならないプランを探すと予算内で収まります
>広告映像を自力で制作するのであれば低コスト
>広告映像のメリットとデメリットについて紹介
>広告映像のトラブルが発生する原因とは何か

◎2021/9/28

スマホユーザーの目にとまりやすい広告映像のページを公開しました。

◎2021/7/30

広告映像にまつわる著作権のページを公開しました。

◎2021/4/15

サイト公開しました

Copyright (C) 2021 広告映像を作成しよう!. All Rights Reserved.